2012年03月30日

春の夢

輝先生の『春の夢』には蜥蜴のキンちゃんが
出てきます。

ある日台所で洗い物をしているときにふと窓を見ると
ヤモリの白っぽいお腹がピッタリはりついていました
思わずキンちゃんみたいだなと微笑ましい気持ちに
なりました。
蜥蜴とヤモリの違いはいまだによく判ってなくて
正確なコメントができなくてすみません。
もし詳しくご存じな方がおられたら教えてください♪

さて、不思議なことに毎年春の終わりになると、
そのヤモリは夜の台所の窓にやってきます。
他の季節はどうして暮してるんだろう?
昼間はどうしているんだろう?
などと考えているとき浮かんだのがこの詩です。

   ヤモリの子守唄

   一家団欒が終わって
   家族がそれぞれの部屋に
   ひきあげたころ
   ヤモリはそっと動き始める
   蛍光灯がチカチカする
   薄暗い台所の窓に
   その白っぽいお腹を
   ぴったりくっつけて
   獲物が来るのを待っている

   人に狎れることもなくbaru4.jpg
   人に媚びることもなく
   人の暮らしをみつめている
   家族の悲喜こもごもを
   ヤモリが一番よく知っている
   日中は深い眠りの中で
   苦労などまだ知らない
   無邪気な笑い声に包まれて
   未来の子孫の夢を見る

   時には昼メロに夢中の
   主婦の涙をみつめている
   PCに黙々と向かう主の
   孤独な背中も知っている
   ヤモリは何も言わないが
   心に秘めた矜持を持っている
   それを主張することもなく
   わずかに生きた虫だけ食べて
   ひっそりと暮らしている

   夜も更けた頃
   ヤモリは小さな声で鳴く
   人々はヤモリの子守唄で
   安らかな眠りにつくだろう


   春の夢 (文春文庫) [文庫] / 宮本 輝 (著); 文藝春秋 (刊)

 
posted by なる at 00:40| Comment(5) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年03月28日

出会いと別れの季節

春は出会いと別れの季節。
卒業式があったり入学式や入社式があったり
人によっては転勤もありますね。
今までずっと仲良くしていた人とのお別れは
とても寂しいものです。
でもそれまでに築いてきた関係が強固ならば
遠くない未来での再会もきっとあるでしょう。
私はお別れが苦手でいつまでも引きずりやすい
タイプだったのですが自分が背負える荷物には
限界があることを知って、大切な別れの余韻を
ちゃんと味わうように努力してます。
時間がたてば必ず少しほろ苦い思い出になると
悟ったからです。

そうはいっても本当はいつも一緒にいたいな☆

   別れ別れ.JPG

   愛の残滓に惑わされて
   別れの決断がつかない時も
   いつかその時は来る
   どんな悲しみもいつか
   思い出に変わる時が来る
   別れは一つの変化にすぎない
   傷ついたと感じるのも
   いっときの感傷にすぎない
   愛の終焉は新たな自分へと
   古い殻を脱ぎ捨てること
   何も怖がることはないのだ
   新しい関係を築くための
   梯子に足をかけてみよう


posted by なる at 00:51| Comment(6) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年03月26日

運命の人☆

運命の人って信じますか?
恋愛は勿論のこと師弟愛でも友情でも
いわゆる人との出逢いについて運命をニケ.JPG
感じた事ってありますか?
広義で言えば親子も運命の出逢い。
その運命を感謝したくなるような出逢いが
たくさんあれば人はきっと幸せになれる。
でも、渦中にいるときには意外と気が
つかないこともあります。
自分の心のアンテナを張り巡らして
運命の人をしっかり捕まえたいです。

ルーヴル美術館のサモトラケのニケは
私が勝手に決めている運命の人です☆

   ある日突然に

   誰のものでもないあなたと
   誰のものでもない私が
   ある日突然出逢った
   最初は何も意識しないまま
   優しい時間が過ぎて
   二人の心の琴線はいつしか
   共鳴し始めた

   戸惑いとときめきに震える心
   生まれたばかりの愛の響きはエッフェル塔.JPG
   まだとてもこわれやすい
   ほんの小さな出来事にさえ
   反応して転調してしまう
   出逢ったのは偶然なのか
   それとも必然なのだろうか

   素直になってふれあって
   重なり合ううちに
   二人の魂は解き放たれる
   過去にこだわらず
   未来にとらわれず
   広がっていく世界では
   力強い愛の歌が響き渡る


posted by なる at 00:57| Comment(6) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年03月23日

春の雨

冷たい冬の雨と違って春の雨は心がそわそわ
浮き立ちます。
昔の人は桜の季節に雨が降ると花が早くに
散ってしまうのではないかと心配した歌を
読んだりした様ですが雨に濡れそぼる桜も
風情があるなぁと思うようになりました。

 Photograph by Mr. Sakuo 

   春の雨に濡れながら

   めぐりめぐって春が来る
   いつものように咲く桜・・・
桜.jpg
   いつか君と見た桜は
   初めての秘めごとに
   うっすらと頬染めながら
   恥じらっていたね
   恋など知らぬ少女のように

   今年の桜は少し大人びて
   雨にしっとり濡れている
   春の雨はまだ冷たくて
   それでも花は色づいていく

   君がいなくてもこんなにも
   きれいに桜は咲くんだね
   君が残していった温もりを
   桜は憶えていたのだろうか

   花びらがひとひら私の傘に
   そっと舞い降りた


posted by なる at 00:45| Comment(4) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年03月21日

眠れぬ夜に…

これといった理由もないのに眠れない日って
ありますよね。
温かいミルクを飲んでもリラックスできる音楽を
聞いてみても目は覚めるばかりで、明け方まで
読書してしまうことがあります。
体調が悪くない時ならひそやかな夜のひと時も
悪くはないですね。

    たとえば…

     たとえば…
     何匹の羊を数えても
     眠れない夜がある
     お酒を飲んでみても
     目が冴えてくるばかりで
     孤独と向き合う羽目になる
     そんな夜は想い出の引き出しを
     ひっくり返して過去の亡霊達と
     向き合ってみるのも良い
     出会いと別れを繰り返しながら夜.JPG
     かけがえのない時の中で
     流した涙の数だけ
     大人になれた気がしていた
     甘い感傷に埋もれていた
     無垢な精神がひそやかに
     ささやき始めることもある

     たとえば…
     本のページをめくっても
     言葉が空回りする夜がある
     活字が勝手に踊り出して
     顕微鏡の中の細菌のように
     目の前を浮遊している
     そんな夜は何も考えずに
     奴らの自由にさせるしかない
     離れたりくっついたり
     不規則な動きを繰り返すうちに
     魔法の文字が浮かびあがる
     過去から未来をつなぐ
     秘密の呪文を唱えてみたら
     新しいページが開かれた
     まばゆい朝の光の中で
     生まれたての言葉が揺れている



posted by なる at 00:34| Comment(6) | | 更新情報をチェックする

2012年03月19日

受胎告知

サン・マルコ寺院と言えばヴェネツィアが有名ですが
フィレンツェにもサン・マルコ修道院があります。キリスト.JPG
こじんまりとした比較的質素な修道院なのですが、
入って階段を上がった所にフラ・アンジェリコの
受胎告知があります。
その静謐な絵にしばし見惚れてしまいました。
フラ・アンジェリコとは修道士アンジェリコという意味で
とても信心深く愛想の良い人だったようです。
彼がサン・マルコ修道院の修道士部屋の壁に描いた
飾り気のない静謐なフレスコ画は、それを見て祈る
修道士たちに心の平穏をもたらしたことでしょう。


   受胎告知

   天使からのお告げをきくマリア様
   神の子を宿す宿命を驕ることなく
   ありのままに受け入れている
   マリア様は神様に近い存在ではなく
   一人の母であり一人の人間であった

   聖母として生きることは
   辛くはなかったのだろうか
   あまりにも素朴なマリア様は
   神の子を宿す畏れを隠さず受胎告知.JPG
   それでも慈愛に充ち溢れている

   この絵の前で祈りを捧げ続けた
   修道士たちの厳しい修行の中に
   救いはあったのだろうか 
   彼らにとって祈ることは
   真摯に生きることだった

   神を信じぬ私がフラ・アンジェリコの
   「受胎告知」から貰った静謐な時間
   この絵を美術館などではなくて
   サンマルコ修道院で見られた僥倖に
   祈りを捧げずにはいられなかった


posted by なる at 00:26| Comment(4) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

福寿草

福寿草は春を告げる花の代表である。
またその花びらは、日光が当たると開き
日が陰ると閉じる。
福寿草の花言葉は「幸福を招く」である。

 Photograph by Mr. Sakuo

   大地の母‐福寿草‐

   厳しい冬の寒さに
   じっと耐えながら
   まるで子宮のように福寿草1.jpg   
   愛しいわが子を包む
   福寿草の蕾

   少しずつ膨らむ
   その胎内では
   規則正しい
   生命の律動が
   聴こえてくる

   まだ霜がとけぬ
   寒い寒い朝に
   清らかな陽ざしを福寿草2.jpg
   一身に浴びて
   新しい命の誕生

   大地の母は
   陽の光とともに
   その花びらを開き
   愛しいわが子を
   日光浴させる

   福寿草は微笑む
   偉大なる母が
   我が子に向ける
   眼差しの中に
   春が隠れている


posted by なる at 00:19| Comment(7) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年03月14日

雪割草

日本人の魂の中に刻まれた花鳥風月。
それは詩を作る上でも大切な要素です。
以前の私は人工的な美しか知らなかった。

ときには厳しい自然の中で真摯に咲く花。
その美しさや可憐さを教えてくれた方が
います。
その方が写真を使っていいよとお許しを
くださったことに感謝します。

そして素敵な雪割草にこの詩を捧げたいと
思います。


 Photograph by Mr. Sakuo

   花の輪舞‐雪割草‐

   しんとした冬の日雪割草.jpg   
   そっと吐く息は真っ白
   ちらちら降る雪の下
   ひそやかに育まれる命が
   地面に根を張っている

   やがてほころぶ蕾
   恥じらいながら
   まだ汚れを知らぬ
   無垢な魂の吐息が
   風に運ばれていく

   まだ見ぬ世界に
   震え慄きながら
   純潔の処女(おとめ)たちは
   浅い眠りの中で
   その時を待っている
雪割草2.jpg
   アン・ドゥー・トロワ
   厳しい自然の掛け声
   少しずつ開く花弁は
   まるで出番を待つ
   バレリーナみたい

   背中を押されて
   舞台に飛び出した
   幼いバレリーナの
   チュチュが揺れる…
   花が開花する瞬間だ

   一つ、また一つ
   雪割草は咲き始める
   希望と慈愛に満ちた
   処女たちの微笑みは
   北風さえも和ませる


posted by なる at 00:01| Comment(6) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

愛の詩

愛の詩を書くときにそのモデルがいるかどうかは
私の場合は‘NO’かな…。
実体験を100パーセント抜きにして何かを語ることは不可能です。
現実のエッセンスを混ぜながら空想の世界で遊ぶ。
エッセンスにすぎないから、結局モデルはいません。

自分の感情が前面に出過ぎると単なる告白になる。
無差別に他人の告白を聞かされることは辛いから
私は詩で告白するつもりはありません。
愛の詩とは言うものの男女間の恋愛というよりは
もう少し広義な意味で人と人との絆について書いていきたい…。

その辺は深く考えずにさらりと流して下さいね♪♪♪


   君に贈る歌

   寂しくて一人眠れぬ夜も
   君と出逢った奇蹟を思うと
   穏やかな気持ちになれる

   君はまるで多重人格者のように
   いろいろな顔を持っているから
   途方にくれてしまったこともある

   君の言葉が未来永劫リフレイン愛の詩.JPG
   時には耳に痛くてもどかしいけど
   今は感謝の気持ちで一杯なの

   本当のことはいつも心に突き刺さる
   皮肉に秘められた優しさのスパイスは
   食べたことのない大人の味がした

   愛されることばかり望んでいても
   救われないと悟ったときにやっと
   心が自由になった気がしたよ

   駆け引きなんてもう要らない
   泣いたり笑ったり迷うことさえ
   ともに生きている証なんだから

   他人のような顔してる君が
   とびっきりの笑顔に変わるとき
   心の琴線がふるえ始める

   もう誰にも止めることはできない
   この気持ちを決して忘れない
   ありのままの君が好き☆


posted by なる at 00:33| Comment(4) | | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

あの日を忘れない。

一年前の今日、大きな悲劇が起きました。
今もなお苦しんでいる方達のことを思うと、、、
言葉になりません。
 
昨年訪れたパリのノートルダム寺院では日本の
ためにたくさんの蝋燭が灯されていました。

今の私に何ができるだろうか。
一日も早く本当の意味での復興がなされることを
心から祈っています  

   愛しいあなたに

蝋燭.JPG   どうぞそんなに苦しまないで
   あなたの涙が私の心を引き裂いても
   私はゆるぎない微笑を返すから
   あなたの涙はあなたの苦しみが
   からっぽになるまで洗い流してくれる
   だから思い切り泣いていいんだよ

   日々の暮らしは良いことばかりじゃない
   理不尽なことが雨あられと降ってくる
   でもね、ここだけの話だけれど
   そんなことは大したことじゃない
   心が深く傷つくのは生き残るために
   神様がくれた防衛手段なんだよ

祈り.JPG   心が揺れるのは生きている証
   今日はダメでも明日がある
   明日がダメでも明後日がある
   あなたの中にはキラキラ光る
   宝石が詰まっているのだから
   ピカピカに磨いて私に見せて

   どうぞ寂しさに負けないで
   孤独があなたの心を凍らせても
   私がゆるぎない微笑で溶かすから
   過去も現在も未来もずっと
   ありのままのあなたが好き
   だからどんなに泣いてもいいんだよ


posted by なる at 00:02| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする