2012年03月14日

雪割草

日本人の魂の中に刻まれた花鳥風月。
それは詩を作る上でも大切な要素です。
以前の私は人工的な美しか知らなかった。

ときには厳しい自然の中で真摯に咲く花。
その美しさや可憐さを教えてくれた方が
います。
その方が写真を使っていいよとお許しを
くださったことに感謝します。

そして素敵な雪割草にこの詩を捧げたいと
思います。


 Photograph by Mr. Sakuo

   花の輪舞‐雪割草‐

   しんとした冬の日雪割草.jpg   
   そっと吐く息は真っ白
   ちらちら降る雪の下
   ひそやかに育まれる命が
   地面に根を張っている

   やがてほころぶ蕾
   恥じらいながら
   まだ汚れを知らぬ
   無垢な魂の吐息が
   風に運ばれていく

   まだ見ぬ世界に
   震え慄きながら
   純潔の処女(おとめ)たちは
   浅い眠りの中で
   その時を待っている
雪割草2.jpg
   アン・ドゥー・トロワ
   厳しい自然の掛け声
   少しずつ開く花弁は
   まるで出番を待つ
   バレリーナみたい

   背中を押されて
   舞台に飛び出した
   幼いバレリーナの
   チュチュが揺れる…
   花が開花する瞬間だ

   一つ、また一つ
   雪割草は咲き始める
   希望と慈愛に満ちた
   処女たちの微笑みは
   北風さえも和ませる




posted by なる at 00:01| Comment(6) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。