2012年09月28日

街路樹

このブログを書き始めて今回で詩の数が百になりました。
ここまで何とか頑張ってこられたのも常日頃このブログを
読んでくださる方がいるからです。
心から感謝します。

   街路樹

   ふと見上げた
   夜空に一番星
   そっとつないだ
   手のぬくもりに
   胸がキュンとなる
   大きくて温かい手
   それはあなたの
   人生を刻んだ手

   柔らかな夜風に街路樹.JPG
   さわさわさわと
   街路樹が揺れる
   ほら あの二人
   ほんとうにいつも
   仲よしさんだね
   くすくす笑ってる
   樹々のおしゃべり

   あなたと歩いた
   この道の景色を
   いつまでもずっと
   覚えていよう
   二人のゆくすえを
   見守ってくれてた
   街路樹の優しさを
   忘れずにいよう

posted by なる at 00:21| Comment(2) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2012年09月26日

イロハモミジ☆

まだ紅葉には少し早いのですが箕面のイロハモミジ。
根がだいぶ弱っているんだそうです。
今年も頑張って紅葉してほしいなと願ってます。

 Photograph by Mr. Sakuo

   いろづく

   うつりゆく季節の約束に
   心を動かされるのいろはもみじ.jpg
   はかない命によりそう
   想いが燃えているから

   ああ今年もこの場所で
   一生懸命いろづくきみ
   刹那の時を永遠にする
   その色を瞳に焼きつける

   いつしか時は流れ
   たとえきみが朽ち果てても
   ひたむきな命のきらめきを
   忘れることはないだろう


posted by なる at 09:46| Comment(2) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2012年09月24日

かくれんぼ

かくれんぼす~るも~の よっといでぇ~♪
子供のころ口ずさんだ懐かしいフレーズに
想いを馳せながらこの詩を書きました。

 Photograph by Mr. Sakuo

   かくれんぼ

   私を探しているのは誰
   心の奥に秘めた想いを
   解き放ってくれるのをかくれんぼ.jpg
   私はいつも待っている

   私が探しているのは誰
   傷つきやすい心を秘め
   強がっているあなたは
   心許せる誰かを待ってる

   人生はかくれんぼ
   時間をかけて探さないと
   決して見つからない相手を
   人は追い求めてるんだね

posted by なる at 09:55| Comment(2) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

やさしい嘘

真実とは時として残酷なものです。
真実に対峙することに耐えられない人もいる。
そのときにやさしい嘘で包んであげることは
悪いことではないと思います。
年季を積まないとつけない嘘ですけれど。。。

 Photograph by Mr. Sakuo

   やさしい嘘

   しがらみを背負って
   いろいろな経験を積み キバナコスモス.jpg
   年を重ねてくると
   時には自分を殺して
   生きねばならないと
   思い知らされたりする

   人の背中を押すには
   未練を捨てねばならぬ
   人生で辛い時期であっても
   人の幸せは心から祝福しよう
   顔で笑って心で泣いて
   自分の気持ちに嘘をつく

   そんなやさしい嘘は
   人を豊かにするだろう

posted by なる at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年09月19日

鬼ごっこ

子供のころは鬼ごっこをして遊びました。
鬼につかまらないように必死で逃げました。
鬼になるのは嫌でした。
大人の鬼ごっこはどちらが鬼か選ぶのは難しい。
できることならずっと仲良くしていたいですね。

   鬼ごっこ

   男と女は
   追いつ追われつ
   鬼ごっこ
   いったい鬼は鬼ごっこ.jpg
   どちらだろう

   幾つになっても
   自由気ままに
   遊んでたいのは
   たいてい男の方
   その時女は鬼の役

   追うのに疲れて
   愛想つかして
   逃げると決めた
   女を追う男は
   反対に鬼の役

   鬼ごっこが終わって
   どちらが鬼でも
   にっこり笑って
   サヨナラ言えたら
   それは人生の達人

posted by なる at 06:32| Comment(4) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

ひとりぼっち

人生にも不思議な落とし穴があって、さっきまで元気だったのに
その落とし穴に落ちると這い上がる気力がない時もあります。
たまには落とし穴の中でのんびり過ごすのも悪いことでは
ないのかもしれませんね。

 Photograph by Mr. Sakuo

   ひとりぼっち

   ときどき
   自分が世の中で
   ひとりぼっちに
   思える日がある百日紅.jpg
   寂しくて悲しくて
   誰かに甘えたくて
   そんな弱い自分が
   とてもいやになる

   そんなときでも
   心の窓をひらいて
   周りを見まわすと
   心配してくれてる
   人がいるんだね
   ひとりぼっちだと
   殻に閉じこもる人に
   黙ってそっと寄り添う
   そんな風に生きたい

posted by なる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2012年09月14日

後ろ姿☆

人の後ろ姿って意外と無防備なんですよね。
長らく逢ってない人の後ろ姿にその人の年輪を
感じることがあります。
後ろ姿が魅力的な人って、その内面もすごく
素敵なんだと思います♪

   君の背中

   大きくなったね
   強くなったね
   優しくなったね
   久しぶりに逢った
   君の笑顔はまるでIMG_0183.JPG
   夏の太陽みたい

   家を巣立ったあの日
   本当は心配で心配で
   それを口にすると
   涙がこぼれそうで
   無理やり笑って
   元気でねと言った

   君の背中は
   少年から青年へと
   成長してすっかり
   逞しくなってた
   今度いつ逢えるかな
   また一緒に飲もう

posted by なる at 07:00| Comment(4) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2012年09月12日

ひめごと

世の中にはすぐ口にしてしまうとこわれてしまう想いが
ありますね。
じっと黙っているのはつらいけど、だからこそ伝わる
想いもあるのではないでしょうか。
長い時がかかるかもしれないけれど。。。

   ひめごと

   かさこそかさこそ
   ねぇあの話知ってる?
   枯葉のおしゃべり

   熱く燃えるひめごと
   未来を夢見てたのに
   シャボン玉のように
   消えたうたかたの恋
   過去にこだわる男と
   過去を捨て去る女
IMG_0340.JPG
   かさこそかさこそ
   あの話は知ってる?
   枯葉がざわめいてる

   命の灯が消えそうだと
   お互いに知ってるのに
   決して口にはしない
   瞳の奥で揺れてるのは
   ただ相手を思いやる心
   今まで本当にありがとう

   かさこそかさこそ
   切ないね 愛しいね
   枯葉はそっと舞い落ちる

   今の気持ちを吐き出せば
   どんなに楽になるだろう
   でもそれは単なるエゴ
   秘めて秘めて秘め尽くした
   想いはいつか浄化されて
   言わぬが花が咲くのだろう

posted by なる at 03:00| Comment(4) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2012年09月10日

芸術の秋☆

ものおもう秋。
本を読んだり音楽を聴いたり絵を見たり心のままに
何かを感じるのは素敵なことですね。

   秋の夜長に…

   中秋の名月を愛でるのも
   友との別れを悲しむのも
   心があればこそ…
   ときに疲れ果てて秋.JPG
   心さえなければ
   楽になれるのにと
   思うこともある
   心の琴線が切れたなら
   ゆっくり時間をかけて
   張りなおせば良いのだ
   苦しみや悲しみのため
   切れた糸の数が多いほど
   その心の奏でる音は
   豊かに深くなってゆく
   今宵は虫の音を伴奏に
   どんな音を奏でようか

posted by なる at 15:00| Comment(2) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2012年09月07日

ローマの休日

五年前の五月にローマを訪れた時のこと。。。
地下鉄でジプシーに襲われて幸い被害はなかったものの
さすがに動揺してしまいました。
旅の終わりの方だったので疲労も出てきて思わず涙が。。。
そんな一コマを詩にしてみました。
ジプシーに襲われた時も乗り合わせた人たちが助けてくれて
「ローマは本当は良い街だから楽しんでね」みたいな言葉を
かけてくれたのが忘れられません。
ちなみに嫌な思い出にならないようにそのあと再度、地下鉄に
挑戦しました♪♪♪

   ローマの街角で

   旅を長く続けていると
   疲労が限界を超える時がある
   ローマのひとけのない街角で
   些細なことで喧嘩した

   思わず涙ぐんでいると
   上質な黒い革のスペイン坂.JPG
   ライダースジャケットを着た
   見知らぬ男が
   「このローマで男が女を
   泣かせたりするんじゃないよ」
   と話しかけてきた
   もちろん生粋のイタリア語で

   私たちは二人とも片言しか
   イタリア語が話せないのに
   ハッキリ意味がわかった

   おかしくて苦笑いしていると
   「ちゃんと仲良くしなよ」
   と男は笑顔でウィンクして
   足早に立ち去って行った

   ああ、素晴らしき哉
   ローマっ子の心意気!

posted by なる at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする