2012年11月30日

家路

雑踏の中での孤独がわりと好きです。
ときには一人でお茶しながらマンウォッチングするのも
いいものです。
それも私には帰る家があるからかなあ。。。
とても幸せなことだと感謝してます。

 Photograph by Mr. Sakuo

   家路

   都会の喧騒の中で
   一人ぼっちに思える夜
   ネオンの海に溺れるとネオン.jpg
   妙な安らぎを感じる
   足早に通り過ぎる
   見知らぬ人たちも
   家に帰ればそれぞれ
   家族がいることに
   なぜか安堵を覚える
   人の流れに逆らい
   うつむいて歩くうち
   心にたまった埃が
   ポロポロ落ちてゆく
   なるようになるさ
   口笛を吹きながら
   家路をたどるとしよう

posted by なる at 08:38| Comment(2) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2012年11月28日

魔法☆

心を開いていると些細なことからでも幸せを感じます。
傷つくことを恐れずに愛を信じることは勇気がいるけど
愛の魔法にかけられるのは楽しいな♪♪♪

   魔法をかけられて

   たった一通のメールが
   たった一本の電話が
   世界を一変させる
   あなたの一言が
   穏やかなその声が
   不安だった心を
   薔薇色に変えてしまう魔法.jpg
   愛の魔法なんて
   信じてなかったのに
   まるで別人のように
   素直になる私がいる
   自分が抱え込んだ
   よぶんな荷物なんて
   捨てれば良かったんだ
   これから先は
   心が命じるままに
   まっすぐ進んでいこう
   私らしく生きるのは
   思ったよりも
   難しいことじゃない
   魔法使いのあなたに
   心から感謝してるよ

posted by なる at 00:06| Comment(4) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2012年11月26日

夢うつつ

夢とうつつの間でまどろんでいるときに見たもの。
起きたあともしばらく呆然としていました。
笑顔で良かったと思いました。

   夢うつつ

   なかなか寝つけぬ夜
   天空へと飛び去った
   あの人の夢をみた

   汚れを知らぬ幼子たちの夢うつつ.jpg
   笑い声につつまれて
   穏やかに微笑んでいた

   もう笑ってもいいんだよ
   幸せになっていいんだよ
   僕はだいじょうぶだから

   あまりの懐かしさに
   まだ行かないでほしいと
   手を伸ばすと目が醒めた

   夢とうつつのはざまで
   白いレースのカーテンが
   いつまでも揺れていた

posted by なる at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2012年11月23日

木枯らしに吹かれて

木枯らしが吹く季節です。
コートのポケットに手を入れて歩きます。
口笛を吹きながら。。。

 Photograph by Mr. Sakuo

   木枯らしに吹かれて

   木枯らしに吹かれて
   二人で歩いた日に
もみじの道.jpg   つないだ手の温もり
   他愛もない話をして
   心の底から笑った
   ひとりじゃない
   そう信じられれば
   人はこんなにも
   強くなれるんだね
   木枯らしに吹かれて
   人と寄り添う幸せを
   ずっと大切にしよう

posted by なる at 07:25| Comment(2) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2012年11月21日

もみじ

もみじの赤もそれぞれです。
一つ一つの葉っぱにそれぞれの物語がある。
そんなことを思ってこの詩を書きました。

 Photograph by Mr. Sakuo

   もみじ-いのち燃ゆ-

   生まれたばかりの
   赤ちゃんの小さな手
   ずっとずっとずっと
   あなたが生まれるのを
   待ち望んでいたんだよ

   赤勝て!白勝て!
   かけっこで転んで
   べそをかいていたら
   隣の子がほっぺに
   キスしてくれたっけ

   初めて恋して染めた頬もみじ.jpg
   本当に好きだったんだ
   あの人どうしてるかな
   思い出すたびに今も
   胸がキュンとなるね

   みんなに看取られて
   最期にほどこす粧い
   きりりとした赤い紅が
   とてもあの人らしくて
   お別れの涙が出たよ

   もみじを見ていると
   心を奪われてしまう
   まいとし繰り返される
   いのち燃ゆる営みは
   ただ見惚れるしかない

posted by なる at 06:17| Comment(2) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2012年11月19日

ゆれる

今日は涙でできた海に落ちた日。
甘ったれてて恥ずかしいけど、それも私の素顔。
言葉にすることで少し元気になれる気がしました。

   ゆれる

   どんなに
   人を愛しても
   人に愛されても
   涙でできた海で
   ゆれる日がある

   さみしいね
   さみしいよゆれる.jpg
   誰の声も届かず
   いつしか海の底に
   沈んでゆく

   本当はちゃんと
   わかってるんだよ
   それが甘えだと
   でも心はぐらぐら
   ゆれてしまう

   少しの間だけ
   涙をぬぐうため
   背中を貸してね
   明日にはきっと
   笑顔になるから


posted by なる at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2012年11月16日

お先にどうぞ

「お先にどうぞ」と言える人は奥ゆかしいだけでなく
強い人なのではないでしょうか。
我をはらないのは、弱いからではないんだな。
そんなことを思ってこの詩を書きました。

 Photograph by Mr. Sakuo

   お先にどうぞ

   お先にどうぞ
   にっこり笑ってつわぶき.jpg
   道をゆずる人

   お先にどうぞ
   そっとお菓子を
   差し出す人

   お先にどうぞ
   人の話に耳を
   かたむける人

   目立たないけど
   その人の優しさで
   皆が幸せになれる

   「つわぶき」は
   そんなふうに
   咲いている花だね

posted by なる at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2012年11月14日

りんどう

りんどうの花言葉は「悲しんでいるときのあなたが好き」。
それはあなたの悲しみに寄り添うことでもあると思うのです。
人の悲しみに寄り添うことはたやすいことではないですね。
押し付けがましくなくそっと寄り添うように咲くりんどうの花。
深い優しさを持った花のように感じました。

 Photograph by Mr. Sakuo

   悲しいときに

   生きていれば
   いろんなことが
   起こるよね
   楽しいことや
   悲しいこと
   幸せな時もあれば
   辛い時もある

   悲しいときには
   必ず僕のことを
   思い出してほしい
   君のもとへすぐにりんどう.jpg
   飛んでいくから
   何も訊かずに
   そばにいるから

   幸せな時には
   人は自然と周りに
   集まってくるけど
   まさかのときに
   そばにいてくれる
   それこそが
   真の友達だよね

   悲しいときには
   必ず僕のことを
   思い出してほしい
   いつもは遠くに
   離れていても
   どこにだってすぐ
   飛んでいくから
posted by なる at 00:37| Comment(2) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2012年11月12日

落葉

紅葉の季節になってきました。
落ち葉の絨毯はとても綺麗です。
もったいなけどその絨毯を踏みしめる時の音も好きです。

 Photograph by Mr. Sakuo

   落葉

   人生のさまざまな
   紆余曲折を味わい
   やがて来る冬に備え
   次の世代へといのちを
   譲りわたすかのように
   燃える樹木のいろどり

   死はこわくないよ
   またいつの日にか落葉.jpg
   生まれ変わるための
   つかのまのお別れ
   どうぞ悲しまないで
   いつもそばにいるよ

   こんなにも穏やかな
   気持ちになれたのは
   人に支えられながら
   どんなことがあっても
   自分の道をまっすぐに
   歩こうと決めたから

   秋の風に揺られて
   過去を振り返るとき
   ずっと温かい愛に
   包まれていたことを
   思い出させてくれて
   本当にありがとう


posted by なる at 09:22| Comment(2) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2012年11月09日

幸せの宅配便

周囲をとても明るくしてくれる人っていますよね。
その人といると幸せをもらった気持ちになれます。
幸せはもらうだけではなくお返しに誰かに差し上げたい。
そうして幸せの輪が広がっていくといいな♪♪♪

 Photograph by Mr. Sakuo

   幸せの宅配便

   ピンポーンと
   心の扉のベルが鳴り
   届けられた宅配便
   あなたの優しさが
   いっぱい詰まってた大文字草.jpg 

   必死で考えてくれた
   たわいもない冗談に
   涙が出るくらい
   笑い転げるうちに
   心まで軽くなったよ

   次は私の番だね
   あなたからもらった
   幸せの宅配便を
   待ち望んでる誰かに
   必ず届けるからね

posted by なる at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする