2015年07月01日

俳句☆

七月になりましたね。
今年も半分終わったのかと思うと感慨深いものがあります。

今、私は毎日俳句を作っています。。
きっかけは、ある方からいただいた「橋」というお題。
春夏秋冬八十句を作ってみたものの、自分の未熟さに切歯扼腕し、その一方で奥深い世界に魅了されるばかり。
今回はその八十句から自選してみました。
毎日作ってるので月に一度はその中のお気に入りをこのブログで発表しようかなと思ってます。
もっともっと精進しますのでどうぞよろしくお願いしますm(_N_)m

命日に橋の上から花を撒く
春一番餘部鉄橋通過中
水澄みて橋から覗くわが心
橋を焼けわが背後には盆の月
木枯らしよ橋のない川越えてこい
今夜なら冬銀河の橋渡れそう



posted by なる at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。