2015年10月28日

紅に

いよいよ錦繍の季節がやってきました。
私にとってはやはり亜紀と靖明の季節です。
『錦繍』という小説は決して色褪せることはありません。
このような美しい手紙を書ける人になりたい。
その夢はいまだ叶わないけれど、その手紙に酔いしれることはできます。
今年も再読しようと思っています。

   紅に
   血の滲むまで
   想へども
   醒めることなき
   夢のまた夢


posted by なる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする