2012年02月27日

みのむしの散歩

ある冬の日に庭の木にみのむしをみつけました。
厳しい寒さを蓑の中でしのいでいる様子が妙に
いじらしくてその生態について調べてみることに
しました。

雄は蛾になるけれど雌は形を変えず蓑の中で
一生を終えること。
雄は蓑の中の雌と交尾するとすぐに死んで
しまうこと。
見た目で想像していたのとは違ってずいぶん
切ない生涯に思えました。
そんな交尾のあと孵化した子供達は蓑から出て
風に乗って分散し、到着した葉や枝で自ら蓑を
作って越冬するのです。

そんなみのむしが子供たちに託したもの。
それは何だったのだろうか?
そんなことを想いながらこの詩を書きました。


   みのむしの散歩

    みのむしの雌は蓑の中で
    その一生を過ごす。
    蛾になった雄と交尾して
    たくさんの子を産んだ後
    乾涸びて蓑の中で生き絶える。

    厳しい冬が終わったあと
    うららかな春の日を浴びて
    蓑の中で静かに眠る私を
    起こすのは誰・・・。
    やがて私はさなぎとなって
    その時をじっと待っている。
baru2.jpg
    夏になり私には無い羽を持ち
    広い世界を飛び回っている
    あなたが突然やって来た。
    蓑の中の穏やかな日々が
    あなたとの交尾によって
    がらりと変わっていく。

    あなたはすぐに飛び去り
    私は外の世界を垣間見る。
    あなたが感じた世界を
    夢で描きながらまどろむ。
    自由への憧れが私の体内で
    少しずつ新たな命を育む。

    生命が爆発するかのように
    子供たちは糸を頼りに
    蓑を飛び出していく。
    肉体が乾涸びた後
    私は一陣の風となって
    自由気ままに散歩する。

    蓑の中で明日を夢見る
    子供たちのために
    子守唄を口ずさみながら。


   約束の冬(上) [単行本] / 宮本 輝 (著); 文藝春秋 (刊)    約束の冬(下) [単行本] / 宮本 輝 (著); 文藝春秋 (刊)



posted by なる at 09:00| Comment(4) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
生物にはいろんな生き方があるんですね。
お庭の蓑虫からいろいろ調べられて、
よくお勉強されてるんだなと感心します。
なんでも興味を持って調べたり行動に移していると
生き生きした人生を送れますね。

バルくんとのひと時、暖かで静かな時間が流れているんですね。
Posted by 恵 at 2012年02月27日 18:18
恵さん、いつも温かいコメントありがとう。

みのむしのことを調べた時に、、、
みのむしの子供たちが飛んでいく様子が
あの『約束の冬』に出てくる飛行蜘蛛に
似ているなと思いました。
季節は今「雪迎え」から「雪送り」へと
移ろうとしています。
空を飛ぶけなげな虫たちに負けないように
生きていきたいですね♪
Posted by なる at 2012年02月27日 18:32
なるさん、おはようさんどす。(^_-)
「女性は子宮でものを考える」という言葉がふと頭をよぎりました。
独り、「内なる女」と性、しちょります、、、。
Posted by 一朗 at 2012年02月28日 07:24
一朗さん、おはようございます。

みのむしの雌はその体の大部分がお腹で
卵がたくさん詰まっているんだそうです。
つくづく「母なる女」は偉大だなあ~と
思わずにはいられません。(^_-)
Posted by なる at 2012年02月28日 09:26
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。