2012年03月03日

森の賢者 ―ミネルバの梟―

私がミネルバの梟について知ったのは輝先生の
『私たちが好きだったこと』によってです。
ヘーゲルについてはここではふれません。

その『私たちが好きだったこと』に出てくる愛子が
予備校でおばさん呼ばわりされながらも医学部に
合格するのを読んで夢を諦めることはないんだと
教わりました。
それから奮起して学んだ某大学の通信教育では
年齢も職業も実に様々な人たちがいました。
通信教育とはいえ実際に先生方から講義を受ける
スクーリングもありました。

「ただ学びたい!」という熱意を持って学ぶと
学生時代には全く判らなかった世界が広がった
ことにはとても感動しました。

ミネルバの梟は日々の暮らしの中に隠れている。
それを探すのは自分自身なのだと思います。

   ミネルバの梟
梟.JPG
   ―ミネルバの梟は、
    時代の黄昏とともに飛び立つ―

   ミネルバの梟は
   人間が得た知恵をミネルバに
   届けるよう命じられた
   孤独な森の賢者である

   人々が平和に生きていくために
   一体何が必要なのだろう
   苦しみや悲しみを癒してくれる
   人々の知恵はどこにあるのか

   それは優しい心の中にある梟2.JPG
   わが子の成長を願い
   愛しい人の無事を願う心
   自分の事は後回しにして
   周囲の人の幸せを願う心

   一人ひとりの小さな願いが
   やがては大きな力となって
   この世界を変えてゆくのを
   ミネルバの梟は見守っている


   私たちが好きだったこと (新潮文庫) [文庫] / 宮本 輝 (著); 新潮社 (刊)
 



posted by なる at 21:00| Comment(4) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるさん、夜分にお邪魔致します。

>私がミネルバの梟について知ったのは輝先生の
>『私たちが好きだったこと』によってです。
ぼくは、あれだけゆっくりと理解して、解るように
読むタイプなのに、記憶力が無さ過ぎます。

ミネルバの梟について、もう一度小説を読んで、更に
「詩」をちゃんと理解するためにも、、、
「ミネルバの梟」と検索して、調べてみます^^)。
Posted by teraken at 2012年03月03日 21:18
てらけんさん、ありがとうございます。

「ミネルバの梟は、時代の黄昏とともに
飛び立つ」というのがギリシャの諺です。
それをヘーゲルが『法哲学』で引用して
いるようです…私もあまり判ってません。
私はここでは哲学を離れて、自分なりの
ミネルバの梟をイメージして書きました。

要は梟という鳥が好きなんだと思います♪
Posted by なる at 2012年03月03日 22:17
>「ただ学びたい!」という熱意を持って学ぶと
学生時代には全く判らなかった世界が広がった
ことにはとても感動しました。

ずっと勉強ですね。
学ぶ姿勢を持っているとなんでも
新鮮に感じられます。
私も今年から頑張って学んでいます。
梟、幸福を招く鳥だそうですね。
なるさんにたくさんの幸せを運んでくれますよ。
Posted by 恵 at 2012年03月04日 10:50
恵さん、お互いに頑張りましょうね。

「五十を過ぎた人間の情熱以外信じない。」
輝先生がたびたびおっしゃる言葉ですが
年を重ねることによってほんの少しだけ
わかって来たような気がします。
先日のラジオでは60歳が人生の新たな
始まりだとおっしゃってましたね。

恵さんにもたくさんの幸せが訪れますよう
祈ってます。
Posted by なる at 2012年03月04日 13:58
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。