2012年04月30日

風の花

アネモネにはいろいろな伝説があります。
私は西風に見初められたギリシア神話の話が好きです。
花に変えられたあとも西風のことを待ち続けたアネモネ。
そんな姿を想像しながらこの詩を書きました。

 Photograph by Mr. Sakuo

   アネモネ‐風の花‐

   あなたを愛します
   その心は気高くて
   見返りなど求めない
   ずっとそばにいてなど
   甘酸っぱいセリフは
   決して言わないけど
   心の奥に秘めた
   凛とした想いは
   脈々と燃えている

   あなたを愛しますアネモネ.jpg
   アネモネは忍耐強く
   冬が春になるのを
   じっと待っている
   誰かを恨むことなく
   誰かに頼ることなく
   ただひたむきに
   あなたへの愛を
   そっと育てている

   あなたを愛します
   その声はいつか届き
   あなたはやってくる
   世界中を吹き抜けて
   希望を運んできた
   穏やかで優しい
   春風に撫ぜられて
   アネモネは一斉に
   空に向かって咲く




posted by なる at 00:00| Comment(2) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>空に向かって咲く

みんな上を向いて咲いていますね。
昨日、行った神社に「人間はなぜにうつむく」という石碑があり、う~んと考えていました。
堂々と、胸を張って上を向いて歩きたいです。
Posted by 恵 at 2012年05月01日 10:53
恵さん、こんにちは。

「人間はなぜにうつむく」

人間の一生の中でいつも順風満帆というわけには
いかないですよね。
でも、うつむいて過ごさざるをえなかったあとで
いつか顔を上げることができれば、それはそれで
素晴らしいこと・・・。
うつむいている人にのんびりと寄り添ってあげる
ぐらいの余裕が欲しいなと思う今日このごろです。
Posted by なる at 2012年05月01日 17:55
コメントを書く
コチラをクリックしてください

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。