2012年05月28日

菫の花咲く頃

白い菫の可愛らしいこと。
その凛とした姿に少し大人の純愛を重ねてみました。

 Photograph by Mr. Sakuo

   菫 ―純愛―

   平凡な家庭で育ち
   まじめに働きながら
   身の丈にあった
   暮らしをしていた君
   僕は無情にもそんな君を
   摘み取ってしまった
   何もねだらず菫.jpg
   わがままも言わず
   いつも君は微笑んでいた
   僕のずるさも弱さも
   きっと知っていたのに
   君は責めなかった
   僕を愛しながら
   僕を赦すために
   いつも君は微笑んでいた
   あまりの愛しさに
   君の瞳を覗いたとき
   かすかに揺れる哀しみが
   流れ星となって落ちたあと
   満天の夜空に煌めく星が
   きらきらと輝いていた
   君がどんなときにも
   僕の進むべき道を
   照らしてくれていたのか
   僕はその道をずっと
   君とともに歩いていこう




posted by なる at 00:00| Comment(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。