2012年05月14日

新緑の季節に…

かつて奏者だったころ指揮者がタクトをかまえたときの
緊張感が大好きでした。
奏者と聴衆が一体になるような演奏を味わえたときは
天にも昇るような心地でしたね♪♪♪

 Photograph by Mr. Sakuo

   光の交響曲

   生命がきらきらと
   煌めく新緑の季節
   爽やかな五月の風が
   じっと息をひそめて
   コンサートの開演を待つ新緑2.jpg
   新進気鋭の指揮者が
   緊張した面持ちで
   タクトを振り下ろす
   吹き抜けていく風が
   奏でるアルペジオが
   最高潮に達した時
   木々は高らかに歌う
   魂が震えるような
   生命を讃える調べに
   聴衆はいつのまにか
   清浄な光の渦のなか
   ひとつになるだろう





posted by なる at 00:00| Comment(2) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるさん、こんばんは

奏者でしたのね。
私も独奏が多い、奏者でした。
クラッシック、好きですが、ジャズも好きです。
Posted by 恵 at 2012年05月15日 22:47
恵さん、こんばんは。

奏者でした(*´∀`*)
ピアノは大人になってから再び
習いましたが、独奏と合奏は
違う楽しみですね。
19日にゆっくりお話しましょうね♪
Posted by なる at 2012年05月15日 23:05
コメントを書く
コチラをクリックしてください

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。