2012年05月11日

残照

爽やかな五月にも感傷的になる日はあります。
ちらちら揺れる木漏れ日の中で物思いにふけっている時に
別れの詩を書いてみたくなりました。
木々の照り返しが愛の残り火のように見えたのです。

 Photograph by Mr. Sakuo

   残照

   五月のさわやかな風が
   穏やかな眠りへといざなう
   夢の中で私は過去へと旅立つ

   なつかしい君の笑顔に
   悔恨が涙となってほほをつたう
   君への想いが心の琴線を震わせて
   切ないラブソングを奏でる

    愛していたよ新緑1.jpg
    愛していたよ
    今も愛してる

   君の指先が私の唇をなぞるのは
   私の甘い囁きを拒むためなのか
   封印したはずの愛の化石が
   別れの痛みと共によみがえる

    さようなら
    さようなら
    愛していたわ

   めくるめくような快楽の中で
   互いの身を焼きつくしながら
   一つになれないもどかしさを
   君も覚えているのだろうか

   今なお息づいてる愛の名残は
   心を揺らす木漏れ日となって
   うつしみの私に刻み込まれる




posted by なる at 00:00| Comment(4) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
五月晴れの光はとても強く感じます。
でも日暮れになると気温が下がり、それまでの光が
淋しそうに感じられます。
そんなことを思いながら、この詩を拝見しました。
きれいな言葉が紡ぎだされてるのに感動します。
Posted by 恵 at 2012年05月11日 20:45
恵さん、こんばんは。

この時期の木漏れ日は真夏とは違って
とても柔らかくて優しいですね。
そんな光に包まれていると安心できる。
だから少し切ない別れの詩もしっとりと
書けたような気がします。
気に入って頂けてとても嬉しいです。

お会いできる日を楽しみにしています。
Posted by なる at 2012年05月11日 22:40
「残照」の詩とSakuo Photo がバッチリ

決まってますねっ(*'▽'*)♪。

愛の残照が木漏れ日となって、

>うつしみの私に刻み込まれる。

この良い感じに、シビレました(^v^)。

19日お聞きしました。ヨロシクです。




Posted by teraken at 2012年05月12日 18:11
てらけんさん、こんばんは。

今回は私の詩が先に出来てたんです。
Sakuoさんの写真を見てすぐにこれだ~♪と
思って使わせていただきました(*'▽'*)♪

19日はまたお邪魔させていただきますね。
大勢で押しかけますので、賑やかになると
思います。
こちらこそどうぞよろしくお願いします。
Posted by なる at 2012年05月12日 20:37
コメントを書く
コチラをクリックしてください

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。