2012年07月23日

紫式部★

紫式部というとすぐに『源氏物語』が浮かびます。
『源氏物語』に登場する女性たちはみなそれぞれに
魅力的です。
永遠に色あせることのない女性たち。
時には光源氏を凌駕しているような気がします。
愛され上手であることが受け身であるとは限らない。
最近、そんな風に考えるようになりました。

 Photograph by Mr. Sakuo

   紫式部-愛され上手-

   私はとても不器用なの
   愛欲の絵巻をひもとく様な
   言葉を紡ぐのは得意でも
   現実の世界では気位高くムラサキシキブ.jpg
   ちっとも素直になれない
   私の心の奥に隠してある
   秘密の扉に気づく人は
   きっと誰もいないだろう

   だから物語のなかでは
   明るい色の筆を使って
   女人が秘めた心の綾を
   鮮やかな紫に染め上げる
   じっと文机に向かうとき
   私の心は解き放たれて
   男を蠱惑的に惑わす
   愛され上手な女になる




posted by なる at 00:00| Comment(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。