2012年10月19日

空の彼方に

晴れたときや曇ったときや雨がふったときのように空には
いろいろな表情があります。
空を見上げたときの私たちの心持ちによっても空はその表情を
変えます。
私たちはこれからも何度も空を見上げるに違いありません。
空はそのたびに様々な顔を見せてくれることでしょう。

 Photograph by Mr. Sakuo

   空の彼方から

   ふと空を見上げてみる
   ゆっくり雲が流れていく
   今までに何度この空を
   見上げたことだろう

   どきどきした運動会
   かけっこはビリなのに
   晴れることを願って
   テルテル坊主を作った

   愛しい人と歩いた夜空.jpg
   煌めく星たちが
   二人のことをそっと
   祝福してくれてた

   あまりにも突然の別れに
   声を殺して泣いた日
   たくさんの涙がこぼれて
   空が遠くでにじんでいた

   犬と散歩するときには
   クンクン匂いをかいでる
   愛犬の傍にたたずみながら
   ぬけるような青空を眺める

   いつもどんなときでも
   空は必ずそこにある
   私たちの心を汲んで
   見守ってくれてるんだね



posted by なる at 00:14| Comment(4) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぼくは、昔にですが、「空くん」という詩を
書いたことがあります。
それはどっちかといううと、空の気まぐれさを
詩にしたのですが、なるさんの詩はいいですねっ!。
たくさんの空との思い出が頭によぎりました。
Posted by teraken at 2012年10月19日 15:50
なるさん、こんばんは

今日の空は写真のように青空でした。
秋風が冷たく感じられるようになりましたね。
私は晴れ女?なのか、行事のときは晴れてくれますね。
気持ちいいです。
Posted by 恵 at 2012年10月19日 19:29
てらけんさん、おはようございます。

お返事が遅くなってごめんなさい。

「女心と秋の空」といいますものね。
空には気まぐれなところがありますね。
人生の様々な場面で空を見上げた記憶。
それはいつまでも鮮やかに残っている。
何だか不思議な気がしてこの詩を書きました。
Posted by なる at 2012年10月22日 09:08
恵さん、おはようございます。

実家に帰っていたのでお返事が遅くなりました。

何も考えずにゆっくりと空を眺める。
そんな時間はとても贅沢だなと思います。
今日もとてもさわやかな青空です。
恵さんにとって素敵な一日となりますように!
Posted by なる at 2012年10月22日 09:10
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。