2012年10月31日

アルビノーニのアダージョ☆

秋に咲く桜は私にはちょっと切なく思えます。
そんな桜を見ていてるとアルビノーニのアダージョの
旋律が浮かんできました。。。

 Photograph by Mr. Sakuo

   ひとりでも

   季節はずれに
   花開いたのは 
   あまのじゃくな
   わけじゃないさくら.jpg
   今はひとりでも
   さびしくはない
   もうすでに
   新たな命の芽が
   未来の夢を見て
   まどろんでいる
   やがて来る春に
   咲く仲間を想い
   アルビノーニの
   アダージョを
   そっと奏でよう



posted by なる at 08:48| Comment(4) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるさん、こんばんは

アダージョ、私も好きです。
ひっそり咲いた桜、けなげですね。
Posted by 恵 at 2012年11月01日 20:20
恵さん、こんばんは。

秋の夜長をゆっくり過ごすには
弦楽セレナーデもいいかな。
音楽っていいですね♪♪♪
Posted by なる at 2012年11月02日 01:37
この詩、ステキ、いっぺんに好きになりました。
おしゃれぇ~な感覚のいい詩だなぁと思いました。
この時期に咲く桜…、人生のロマンを感じます^^)。
Posted by teraken at 2012年11月03日 06:49
てらけんさん、こんにちは。

お返事がすっかり遅くなりました。

この時期にひっそりと咲く桜は心の中に
強い何かを持っているような気がします。
この詩を気に入ってくださってありがとう。
Posted by なる at 2012年11月05日 16:34
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。