2012年11月26日

夢うつつ

夢とうつつの間でまどろんでいるときに見たもの。
起きたあともしばらく呆然としていました。
笑顔で良かったと思いました。

   夢うつつ

   なかなか寝つけぬ夜
   天空へと飛び去った
   あの人の夢をみた

   汚れを知らぬ幼子たちの夢うつつ.jpg
   笑い声につつまれて
   穏やかに微笑んでいた

   もう笑ってもいいんだよ
   幸せになっていいんだよ
   僕はだいじょうぶだから

   あまりの懐かしさに
   まだ行かないでほしいと
   手を伸ばすと目が醒めた

   夢とうつつのはざまで
   白いレースのカーテンが
   いつまでも揺れていた



posted by なる at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。