2015年12月16日

椿

椿というと、どうしても山本周五郎の『五瓣の椿』を思い浮かべてしまいます。
おしのの復讐は余りにもいじらしく切ないです。
おしのは赤い椿にも白い椿にもなれた女性だったのかな。。。

   あの夜に
   あなたの指が
   ふれし頬
   こぼれた吐息
   椿になりぬ


posted by なる at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/431226827
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック