2016年03月02日

戀ふる

「利休にたずねよ」という映画を見ました。
大切な相手を亡くしたあとでずっと忘れずにいる相手と結婚したとき、妻はどう思うのでしょうか?
生活感覚も美意識も何一つ不満はないのに永遠に消えることのない女性が夫の心に棲みついていたら?
中谷美紀のラストの演技が、その胸中をひもといてくれたような気がしました。

「当たり前のことが、いつでもどこでもできるならば、 私があなた方の弟子になりましょう。」
利休のこの言葉をかみしめています。
恋ふるゆえ.jpg
 Photograph by Mr. Sakuo

   戀ふるゆえ
   夫(つま)の心に
   棲む女性(ひと)を
   許しきれずに
   拒みきれずに


posted by なる at 00:29| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。