2016年01月13日

仄暗い闇

闇から見つめるものも見つめられるものも心に秘めた情念を燃やしている。
決して言葉にしないからこそ深まる想い。
それが成就するかどうかは、結局、天のおはからいなんでしょうね。
仄暗い闇.jpg
 Photograph by mio

   仄暗い
   闇の中から
   みつめる目
   火照るこの身を
   隠すすべなし







posted by なる at 00:22| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年01月06日

言の葉

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

言葉って不思議だなって思います。
ある意味ではコップみたいな入れ物でそこに吹き込む心によって、いかようにも変化する。
言葉を磨くってことは人間を磨くってことなのかなって痛感しています。
まだまだ欠点だらけだけれど、自分らしい色を出せるように勉強していきたいです。
そんなわけで、久しぶりに萬葉集を読んでみようかなと思ってます。
言の葉.jpg
 Photograph by Teraken

   哀しみを
   内に秘めたる
   言の葉の
   響き始める
   時をただ待つ





posted by なる at 02:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

滲む灯に

極楽蜻蛉の詩☆ブログを読んでくださっている皆様、
今年も一年間、本当にありがとうございました。m(_N_)m

今年は公私ともにいいことも悪いこともたくさんありました。
でも、悪いことがあっても決して悪いことばかりが続かないのは、
輝先生に教わってきた楽観主義を少しずつ実践できるようになって
きたからだと感謝しています。
特に富山の講演会での経験は、得難いものでした。

文は人なり。

一つ一つの言葉を大切にじっくりと磨いていきたいと思っています。
これからもどうぞよろしくお願いします。
滲む灯.jpg
どうぞ良いお年をお迎えください。

 Photograph by Mr. Sakuo

   滲む灯に
   浮かんで消える
   面影は
   別れ間際に
   振り向いた君


posted by なる at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年12月23日

蕎麦

蕎麦の花って綺麗ですね。
私はもとは関西人なので本来はうどん党なのですが、
静岡に来て蕎麦の美味しさを知りました。
いまだに、上手にすすれないのですが。。。
香りを味わうのも楽しみの一つですね。

   差し向かい
   蕎麦すすりたる
   音弾む
   今日の逢瀬の
   心のごとく



posted by なる at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年12月16日

椿

椿というと、どうしても山本周五郎の『五瓣の椿』を思い浮かべてしまいます。
おしのの復讐は余りにもいじらしく切ないです。
おしのは赤い椿にも白い椿にもなれた女性だったのかな。。。

   あの夜に
   あなたの指が
   ふれし頬
   こぼれた吐息
   椿になりぬ


posted by なる at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年12月09日

水のかたち

しっとりと水に濡れた紅葉のかたまり。
いじらしくもあり、神々しくもあり。
ただただ自然ってすごいなあと思います。水のかたち.jpg

 Photograph by Mr. Sakuo

   ぽとりぽとり
   偶然落ちた
   その場所で
   水のかたちに
   なるまでの時

posted by なる at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年12月02日

蝶の安息

秘密の花園ってドキドキしますね。
バーネットの『秘密の花園』が起こした奇跡。
この蝶もそんな奇跡を起こすために飛んで来たのでしょうか。(*´∀`*)


   息ひそめ
   誰も知らない
   花園に
   翅を広げた
   蝶の安息


posted by なる at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

けなげな君

生きてると本当にいろんなことがありますね。
抜けないトンネルはないし、明けない夜もない。
頑張ってる君を心から応援しています。けなげ.jpg

 Photograph by Mr. Sakuo

   苦しみは
   人をつなぐと
   微笑んだ
   けなげな君に
   エールを送る

posted by なる at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

朽ち果てて

愛情と執着の違いとは、一体なんなのでしょうか。
人の情念というのは移ろいやすいものなのかもしれません。
それでもなお、一途に想い続けること。
それを止めることなど誰にもできないような気がします。
人の心というのは不思議なものですね。

   朽ち果てて
   それでも消えぬ
   我が想い
   流れ流れて
   君のもとへと

posted by なる at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年11月11日

後朝(きぬぎぬ)の

高橋治の『風の盆恋歌』を読んだ時からいつか酔芙蓉で詩を作ってみたいと思っていました。
酔って染まった紅ではなくまだ白いままの酔芙蓉。
酔う前よりも色っぽいかもしれませんね。

   後朝(きぬぎぬ)の
   残滓を見せぬ
   振りしても
   匂い立つ香に
   酔いしれたまま


posted by なる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。