2017年03月08日

何という鮮やかな花びらの色でしょうか?
心がときめき、その一方でざわついてしまうほどの真紅。
恋って不思議ですね。恋.jpg

 Photograph by Mr. Sakuo

   鮮やかな
   血の滲むような
   恋なれば
   思い出すたび
   泣き笑いする

posted by なる at 00:08| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

花のかんむり

なんと可憐なサクラソウなのでしょうか。
この白は乙女にはとてもよく似合いますね。
白いサクラソウ.jpg
 Photograph by Mr. Sakuo

   けがれなき
   乙女の髪を
   なびかせて
   花のかんむり
   真っ白なまま


posted by なる at 00:00| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

福寿草

毎年毎年明るい微笑みをくれる福寿草。
君に逢うととっても幸せになれます(*´∀`*)
福寿草.jpg
 Photograph by Mr. Sakuo

   振り向けば
   いつも笑顔の
   君がいて
   微笑み返す
   至福の季節


posted by なる at 00:23| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

太陽の塔

学生時代の遠足で万博公園に行きました。
お弁当作ったりなんかして( *´艸`)
ぐるりと歩いて回って見た背中は新鮮でした。
太陽の塔.jpg
Photograph by Mr. Sakuo

   太陽の
   塔の背中を
   追いかけて
   君と歩いた
   あの時も晴れ


posted by なる at 00:07| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

かくれんぼ

自分探しの旅は果てしなく続きます。
どうせ旅するのなら、その旅を楽しんでしまおうと思う今日このごろです。
かくれんぼ.jpg
Photograph by Mr. Sakuo

   かくれんぼ
   ほんとの自分
   さがしてる
   鬼のままでも
   あわてっこなしよ


posted by なる at 00:13| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

春の扉

鳥たちっていつも自然体でいます。
厳しい自然の中でも無垢の心のままに生きている。
すごいなあと思います。るりびたき.jpg

 Photograph by Mr. Sakuo

   あどけなき
   君が見つめる 
   その先に
   春の扉は
   もう開いてる


posted by なる at 11:13| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

春はすぐそこ

寒い日が続きます。
冬の空はどんよりしていることが多いです。
でも、この白い雲はどこかのんびりしています。
この寒さが永遠に続かないと教えてくれてるのかもしれません。
枯木立.jpg
 Photograph by Mr. Teraken

   白い雲
   透けて見えるよ
   枯れ木立
   今日寒くても
   春はすぐそこ

posted by なる at 00:11| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

冬の空

冬の空の青さには胸がキュンとなります。
この空のどこかに、逢いたい人の面影が隠れているような気がするのです。
冬の空.jpg  
 Photograph by Mr. Teraken

   澄みわたる
   空の青さが
   目に沁みて
   健やかなれと
   ただ祈るのみ







posted by なる at 00:00| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

凍て星

冬の星は寂しくもあるけれど心の澱をきれいにしてくれるような気もします。
そんな気高い星を、二人で見たから、それぞれの一歩を踏み出せるのです。
凍て星.jpg
Photograph by Mr. Sakuo

   凍て星に
   君と見惚れた
   わかれ道
   君は左へ
   私は右へ


posted by なる at 18:38| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

よいお年をお迎えくださいm(_N_)m

28日が今年最後の水曜日だったのに、このブログを読んでくださっているみなさんにご挨拶していなかったので、今日は番外編です。

今年一年、ブログを読んでくださって本当にありがとうございました。
なぜ詩を書き続けるのか?
たまに自分に問うてみるのですが、結局のところ書くのが好きなんですね。
でも以前と違ってきているのは、書くのが好きということと書きたいことだけ書くというのは全然違うんだなあと少しわかってきたことです。

お借りしている写真たちがいつも語りかけてくれる言葉を聞くこと。
そして、それを自分なりの言葉に変えていくこと。
それは、いのちの声を聞き取る作業なのではないかと思うのです。
被写体の息遣い、カメラマンの息遣い、そしてそれらを結ぶ絆さえも呼吸をしているような気がします。

言の葉に
想ひを込める
いのちあり
それを受け取るのも
いのちなり

結局、書くことは自分自身の未熟さと向き合い、いのちに対して謙虚にならざるを得ない作業。
これからも精一杯頑張りますのでどうぞよろしくお願いします。

最後になりましたが、みなさん、どうぞよいお年をお迎えくださいm(_N_)m
posted by なる at 00:53| Comment(2) | | 更新情報をチェックする