2012年04月02日

シルクロードに魅せられて

私がシルクロードに魅せられるきっかけは
輝先生の『ひとたびはポプラに臥す』です。
2000年4月3日梅田の紀伊國屋における
『ひとたびはポプラに臥す』のサイン会は
私の人生を大きく変えることとなりました。
その日もあの場所で桜は満開でした。
あんなに美しい夜桜を見たのは生まれて初めて。
今なお感謝の気持ちでいっぱいです。
人との出逢いは本当に素晴らしいものですね。

少しでもシルクロードの雰囲気を味わいたくて
平山郁夫さんの「大唐西域壁画」を薬師寺に
見に行ったときに散華を知りました。
大切な人を亡くした後初めて切ない行事だと
思い知らされました。

   散 華(さんげ)

   気まぐれな春風に揺られて
   桜がさわさわと歌っている。
   寒い冬はやっと終わっても
   私の隣には君がいないから
   涙がこぼれそうになるけれど
   花びらがふわりと落ちてきて
   ほほをそっとふいてくれる。

   泣いてもいいんだよ。BARU5.jpg
   泣いてもいいんだよ。

   満開の桜の下での誓い。
   桜吹雪の祝福を受けながら
   時が止まることを願った。
   幾多の別れを繰り返しても
   決して途絶えることのない
   命の温もりを伝えるために
   桜はあんなに美しく咲くのか。

   いつの日か又逢えるから。
   必ずどこかで逢えるから。

   花びらに刻みこまれた記憶。
   それは未来の君の中でいつか
   はっきりと甦ることだろう。
   かけがえのない時を共にした
   懐かしくて少し切ない想い出。
   君と私は必ずまた出会うのだ。
   桜の花びらが一斉に歌いだす。

   それまではごきげんよう。
   それまではごきげんよう。



   ひとたびはポプラに臥す〈1〉 [単行本] / 宮本 輝 (著); 講談社 (刊) ひとたびはポプラに臥す〈2〉 [単行本] / 宮本 輝 (著); 講談社 (刊) ひとたびはポプラに臥す(3) [単行本(ソフトカバー)] / 宮本 輝 (著); 講談社 (刊) ひとたびはポプラに臥す〈4〉 [単行本] / 宮本 輝 (著); 講談社 (刊) ひとたびはポプラに臥す(5) [単行本(ソフトカバー)] / 宮本 輝 (著); 講談社 (刊) ひとたびはポプラに臥す(6) [単行本(ソフトカバー)] / 宮本 輝 (著); 講談社 (刊)

posted by なる at 00:54
"シルクロードに魅せられて"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。