2015年11月11日

後朝(きぬぎぬ)の

高橋治の『風の盆恋歌』を読んだ時からいつか酔芙蓉で詩を作ってみたいと思っていました。
酔って染まった紅ではなくまだ白いままの酔芙蓉。
酔う前よりも色っぽいかもしれませんね。

   後朝(きぬぎぬ)の
   残滓を見せぬ
   振りしても
   匂い立つ香に
   酔いしれたまま


posted by なる at 00:00
"後朝(きぬぎぬ)の"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。